トップページ  お客様の声  カートをみる マイページ ご利用案内 サイトマップ お問い合せ
RSS
ギフト 牛タン ステーキ すきやきしゃぶしゃぶ 焼肉用カルビ
スペーサー

入学10日目(原価計算管理の授業スタート)

こんばんは。小野です。

本日は豚枝肉のももの大分割及び左ももの脱骨作業を行いました。

先週から行ってきた、かたの脱骨よりは楽ですが、まだまだ骨に肉がついてしまい、うまくいかないのが実情です・・・(泣)

そして、本日の講義は私の苦手な原価計数管理でした。以前に勤めていた重電メーカーでも一番苦手な分野でした・・・。どこの業界でも必要な内容なので、しっかりと把握したいと思います。

明日は金曜日だからもう一日がんばれば、休みだ・・・、と思いますが、実は土曜日も今週は授業があります(泣)

こんなに勉強できる環境を提供していただき、ほんとありがたいです・・・(笑)

今週も一週間フルにがんばりますので、皆さん応援よろしくお願いします。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

■ 浅見先生、いつもコメン・・・

浅見先生、いつもコメントをいただき、ありがとうございます。
なるほど。今後、機械でなんでもできる時代が来る中で、人間にしかできない仕事を探すことは難しくなるかもしれませんね。
各個人が人間として、日本人としての誇りを持って仕事に取り組む必要がまずあると思います。
そうすることで、自ずと人間らしい仕事は見つかってくると思います。
小野正樹 | 2015-01-08 10:48 |

■ 人と機械の原価計算をし・・・

人と機械の原価計算をして、どちらが安くつくかという考え方では、これからは通らなくなる。人間には人間らしい仕事をしてもらうという立場から、取り組むべきだろう。そうでなければ人々は喜んで企業にとどまってくれなくなる。
土光敏夫、どこう・としお。日本のエンジニア、実業家、財界人。「東芝」社長、「経団連」名誉会長。東京高等工業学校(のちの東京工業大学)卒業後、石川島播磨重工業に入社。その後、東芝との合弁会社の社長を経て、石川島播磨重工業社長に就任し、合理化を徹底し経営危機を乗り切る。その後、経営危機に陥っていた東芝の経営再建を依頼され社長に就任。第4代経団連会長。「ミスター合理化」「荒法師」「怒号敏夫」「行革の鬼」また猛烈な働きぶりから「土光タービン」などの異名を持つ
浅見典彦 | 2015-01-07 19:25 |
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=13471&eid=321

ページトップへ