トップページ |  お客様の声  | カートをみる | マイページ | ご利用案内 | サイトマップ | お問い合せ
RSS
ギフト 牛タン ステーキ すきやきしゃぶしゃぶ 焼肉用カルビ
スペーサー

入学285日目(ベストな焼き・揚げ具合)

こんばんは。小野です。

本日の実技は、惣菜・調理品づくりでした

ハンバーグ、骨付き鶏もも肉の照り焼き、とんかつ、メンチカツを作りました。肉のベストな焼き具合や揚げ具合がなかなかうまくいきませんでしたが、明日も引き続き、別なメニューの調理があります。調理も苦手ですが、覚えられるようにがんばりますので、皆さん応援をよろしくお願いいたします。

さて、風邪気味の生徒が増えていますが、弊社の宣伝をします。

弊社の通販サイトである「お肉良い肉ドットコム」内の「お客様の声」に「吟味造り本格ベーコン」をお買い上げいただいた「しんちゃん 様」からコメントをいただきました。

喜んでいただき、大変光栄でございます。当店オリジナルのベーコンは、隠れた名品です。これからも変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

http://www.oniku1129.com/SHOP/rating_list.html

コメント

[コメント記入欄はこちら]

■ VW小野様、コメントをい・・・

VW小野様、コメントをいただき、ありがとうございます。
私も何か一つでも誇れる技を磨いていきます!!
小野正樹 | 2015-02-02 12:57 |

■ 小野さんシリーズ第二弾・・・

小野さんシリーズ第二弾!

仕事の不平不満なんて言ってる暇はない。技を磨くことに人生を賭ける。それが成功したり、立派だと言われるようになる秘訣

「日本が誇る寿司職人」 小野二郎
VW小野 | 2015-02-02 09:58 |

■ 大きな栗の木の下で様、・・・

大きな栗の木の下で様、コメントをいただき、ありがとうございます。
なりますかねぇ〜(疑)
小野正樹 | 2015-01-31 21:55 |

■ 努力しないでいると、自・・・

努力しないでいると、自分の味はどんどん下がっていきます。成長を続けていて初めて、現状維持だと思っています。それに、「もっともっと」と思っていれば、仕事が楽しくなりますよね。
[木下和彦の名言|成長を続けていて初めて現状維持]
木下和彦のプロフィール・経歴・略歴
木下和彦、きのした・かずひこ。日本のシェフ。レストランキノシタのオーナーシェフ。福岡県出身。高校卒業後、様々な職を経て、30歳でフランス料理人になることを決意。フランス料理店「レ・シュー」「ブラッセリーヴェラ」などで修業したのち独立し、東京都渋谷区初台にレストランキノシタをオープン。同店は本格的な料理をリーズナブル価格で提供しているため、人気で予約のとれないフレンチの店として有名となった。主な著書に『レストランキノシタのフランス料理』『おまちどおさま レストランキノシタの特別レシピ』など。
大きな栗の木の下で | 2015-01-31 20:21 |

■ 料理とは理を料ること様・・・

料理とは理を料ること様、コメントをいただき、ありがとうございます。
真面目に生きていると、馬鹿をみることが多い気がして、虚しくなることがたまにありますが、それでも私は真面目にしか生きることができません。
ナイフ捌きだけでなく、心も頭も不器用です(笑)
小野正樹 | 2015-01-30 13:09 |

■ 真面目に一生懸命 より・・・

真面目に一生懸命
より良く生きようと思うからこそ
心ってモヤモヤするんです。

そう思うとモヤモヤする人って
素敵なのかもしれません。

大原千鶴(おおはら ちずる/女性)は、京都出身の料理研究家。奥京都・花背の料理旅館『美山荘』(みやまそう)の次女として生まれ、小学生の頃には店のまかないを担当するなど、料理の腕を磨く。子育てのかたわら、料理研究家としても活躍するようになり、テレビや雑誌など様々なメディアへ出演している。
料理とは理を料ること | 2015-01-30 09:14 |

■ W小野様、コメントをい・・・

W小野様、コメントをいただき、ありがとうございます。
確かに私もそう思います。次第に自分に合わせるのがプロってところですかね。
小野正樹 | 2015-01-29 18:37 |

■ 仕事というのは自分に合・・・

仕事というのは自分に合わせること。これが合う、これが合わないと言っていたら、合う仕事なんてない。

小野二郎氏
「すきやばし次郎」寿司職人。5年連続でミシュラン三つ星を獲得。「ギネスブック」にミシュラン3つ星最高齢料理人として認定された。
W小野 | 2015-01-29 12:29 |

■ asa-miffy様、いつもコ・・・

asa-miffy様、いつもコメントをいただき、ありがとうございます。
いまの仕事の楽しさを見つけることに苦労しています・・・。
小野正樹 | 2015-01-28 19:01 |

■ 長くモチベーションを ・・・

長くモチベーションを
維持するには
楽しくないといけません。

楽しさを味わえるものは
人それぞれ違いますが、
目標をクリアした手応えが
あるかないかはとても大きい。

十分間かかっていた皿洗いが
八分でできた。

そういう小さいことでも
自分で楽しみを見出しながら
仕事をしていけば、

いつか飛躍的に成長する時が来る
と僕は信じています。

岸田周三(きしだ しゅうぞう/1974年8月8日-/男性)は、愛知県出身の料理人。志摩観光ホテル「ラ・メール」(三重県)やレストラン「カーエム」(東京都)での勤務を経て渡仏。フランス各地のレストランで修業を積み、三ツ星の「アストランス」ではパスカル・バルボに師事。2005年に帰国し、東京でレストラン「カンテサンス」をオープン。2007年に「ミシュランガイド東京」で日本人最年少記録での三ツ星を獲得。
asa-miffy | 2015-01-28 12:16 |

■ asa-miffy様、いつもコ・・・

asa-miffy様、いつもコメントをいただき、ありがとうございます。
そう、私も同じ自分で決めたことですから、最後まで諦めずにやり抜きます!!
小野正樹 | 2015-01-27 22:29 |

■ 僕が初めてシェフを任さ・・・

僕が初めてシェフを任されたグラナータがオープンした当時、僕が現地で学んできたイタリア料理はまったく受け入れてもらえませんでした。オーナーは「いつかわかってもらえる」と方針を曲げませんでした。「外国の料理なんだから、日本のものと違って当然だ」と言ってくれたのです。とはいえ、お客さんが入らなくてはどうしようもない。つらくて胃潰瘍を数回患いました。「もう辞めよう」と1日に100回は思っていました。でも辞めなかったのは、オーナーに対する恩義がひとつ。それとここで辞めてしまったら、きっと自分が駄目になってしまうと思ったからです。

落合 務
日本のシェフ。神奈川生まれ、東京育ち。高校を中退し、憧れていた料理の世界に飛び込む。ホテルニューオータニで修業を積んだのち、フランス料理を学ぶために渡仏。帰途に立ち寄ったイタリアでイタリア料理に魅せられ、1年間の語学学習ののちイタリア各地のレストランで約3年修業をし帰国。東京赤坂のイタリアンレストラン「グラナータ」の料理長を務めたのち、銀座に「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」をオープンさせオーナーシェフとなった。
asa-miffy | 2015-01-27 19:19 |

■ 末吉前兆様、コメントを・・・

末吉前兆様、コメントをいただき、ありがとうございます。
やっぱり愛情・・・ですかね(笑)
小野正樹 | 2015-01-26 19:08 |

■ シリーズ第四弾 いい料・・・

シリーズ第四弾

いい料理をつくってくれさえいれば、何もしないでお客様に来ていただけるという時代ではありません。厳しい状況だからこそ、自分がどんな考え方で料理と向き合っているのかを積極的に発信していかなければならないと思っています。

末吉前兆 | 2015-01-26 00:08 |

■ 小吉前兆様、コメントを・・・

小吉前兆様、コメントをいただき、ありがとうございます。
失敗することで私の負けず嫌いを一層強くします!!
小野正樹 | 2015-01-24 22:36 |

■ 徳岡邦夫さんシリーズ第・・・

徳岡邦夫さんシリーズ第三弾

あきらめなければ、
絶対にうまくいくんです。

失敗は、
次の成功につながる種になる。

小吉前兆 | 2015-01-23 22:38 |

■ 中吉前兆様、コメントを・・・

中吉前兆様、コメントをいただき、ありがとうございます。
私の本気の力がいつ出てくるかわかりませんが、常に全力で取り組むようにします!!
小野正樹 | 2015-01-23 21:33 |

■ 徳岡邦夫シリーズ第二弾・・・

徳岡邦夫シリーズ第二弾

自分には何にもない
とわかったとき、
効率よく上達する方法など
もともと無いことに気づきました。

真正面から立ち向かうしかない、
ということがしだいに
わかっていったんです。

ここまで来ると、
ようやく本気の力が出てくるんです。

退路を完全に断たれたからこそ、
出てくる力というものがある。
中吉前兆 | 2015-01-23 19:09 |

■ 大吉前兆様、コメントを・・・

大吉前兆様、コメントをいただき、ありがとうございます。
なるほど、「プロフェッショナル」=「結果が出るまであきらめない人」ですか。とても納得できますね!!
私もプロフェッショナルを目指します!!
小野正樹 | 2015-01-23 17:45 |

■ 「プロフェッショナルと・・・

「プロフェッショナルとは?」
とテレビの取材で聞かれて、
「結果を出せる人」だと私は言いました。
でも、結果を出すことは
簡単ではない。
だから言葉を換えれば、
「結果が出るまであきらめない人」
といったほうがいいかもしれません。
成功するまでやり続けられる人こそが、
プロフェッショナルだと私は思うんです。

徳岡 邦夫(とくおか くにお)
日本料理の高級料亭「京都吉兆」の三代目社長
大吉前兆 | 2015-01-22 21:40 |
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=13471&eid=532