クロネコヤマト運賃改定のお知らせ

2017年10月1日 からお荷物のサイズに応じた宅急便基本運賃の値上げが実施されます。 配達エリア・サイズによっては値上げ幅が大きく、現状の価格を維持することが困難なため、誠に勝手ではございますが、10月より運賃改定とそれに伴った一部商品価格の値上げを実施させていただきます。

当社では、今後も企業努力をおこないコスト削減に努めるとともに、さらなる安全・安心、高品質を心掛けてお客様に提供できるように努めてまいりますので、何卒ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

■価格改定日 2017年10月2日(月)10時以降のご注文
トップページ  お客様の声  カートをみる マイページ ご利用案内 サイトマップ お問い合せ
RSS
ギフト 牛タン ステーキ すきやきしゃぶしゃぶ 焼肉用カルビ
スペーサー

入学306日目(感謝祭の準備で四苦八苦)

こんばんは。小野です。

本日は実践実技という授業があり、実際に企業の方が来校して、実技のデモンストレーションを行い、それを見て学ぶというものです。企業によって、商品づくりの仕方が違うことがわかり、とてもためになりました。

授業後には感謝祭に向けての加工品の製造作業、打ち合わせを行い、とてもしんどいですが、もう一踏ん張りがんばりますので、皆さん応援をよろしくお願いします。

さて、いろいろと悩ましい今日この頃ですが、弊社の宣伝をします。

弊社の通販サイトである「お肉良い肉ドットコム」内の「杜の都仙台名物 肉厚牛たん 2000g」をお買い上げいただいた「動物王国 様」からコメントをいただきました。

喜んでいただき、ありがとうございます。弊社の牛たんはたくさんのお客様から食べ応えがあると、ご好評をいただいております。これからも変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

http://www.oniku1129.com/SHOP/rating_list.html

コメント

[コメント記入欄はこちら]

■ 浅見典彦3号様、コメン・・・

浅見典彦3号様、コメントをいただき、ありがとうございます。
私は旅人ですね。長い準備期間でしたが、これから新しい旅を始めます!!
小野正樹 | 2015-03-02 22:35 |

■ 浅見典彦2号様、コメン・・・

浅見典彦2号様、コメントをいただき、ありがとうございます。
補足ありがとうございます。
小野正樹 | 2015-03-02 22:08 |

■ 浅見先生、いつもコメン・・・

浅見先生、いつもコメントをいただき、ありがとうございます。
確かにそれがないと、人情が味わえなくてつまらないですよね。
小野正樹 | 2015-03-02 22:07 |

■ コロンブスが幸福であっ・・・

コロンブスが幸福であったのは、彼がアメリカを発見した時ではなく、 それを発見しつつあった時である。 幸福とは生活の絶え間なき永遠の探求にあるのであって、断じて発見にあるのではない
ドストエフスキー

人生は終わりなき旅。


浅見典彦3号 | 2015-02-28 18:46 |

■ 最も幸福な瞬間は、 が・・・

最も幸福な瞬間は、

が抜けていました。
申し訳ありません。

浅見典彦2号 | 2015-02-26 20:19 |

■ 店頭でのデモンストレー・・・

店頭でのデモンストレーションや顧客とふれあうこと。
【晩年に語った言葉】
エスティ・ローダー
浅見典彦 | 2015-02-26 20:17 |

■ 浅見先生、いつもコメン・・・

浅見先生、いつもコメントをいただき、ありがとうございます。
私は転職したことへの未練から卒業します!!
小野正樹 | 2015-02-23 21:02 |

■  「楽な道と苦しい道・・・


 「楽な道と苦しい道が二択あるとしたら、苦しい道を行け 茨の道を選ぶんだ」

 敢えて辛く苦しい道に進むことをギリシア神話の逸話から「ヘラクレスの選択」といいます。「難しく苦しい道にこそ正解がある」。そう諭す著名経営者も多くいます。

 「ヘラクレスの選択」をする時、人を支えるものは何なのでしょうか?

 その答えのひとつにフロイトの盟友アルフレッド・アドラーが提唱した「共同体感覚」があげられます。「共同体感覚」は「Social interest」(社会的関心)と英訳されます。端的にいえば「自分に対するのと同じレベルで自分以外の人や社会に対して関心をもてる感覚」です。「共同体感覚」が弱い人は、自分にばかり意識を奪われ、その結果として人生につまずきがちです。アドラーはいいます。

 「正常な人とは、社会の中に生きており、その生き方が非常に適応しているので、望もうと望まざるにかかわらず、社会がその人の仕事から何らかの恩恵を受けているような人のことです」
 (『個人心理学講義 生きることの科学』A・アドラー 訳岸見一郎)

 新社会人になったり、異動したり、転職したり、管理職になったり、古い自分を「卒業」することは、時として「茨の道」になります。苦しむこともあります。悲しむことも......。

 ですが、古い自分から脱皮し、それまでとは違う社会的役割を背負うことは、必ず誰かのためになり、自分の仕事に違った価値を見出す時間となります。この社会の中で役立とうとする感覚がアドラーのいう「共同体感覚」であり、私たちの人格をスケールアップさせるのです。
 アドラーは、逃げずに立ち向かい、クリアすべき「人生の課題(life tasks)」が人にはあるのだ、といいました。ひとりの人間が「人生の課題」を卒業するのは、自分のためだけでなく、家族のためになり、職場の仲間のためにもなり、社会のためにもなることです。

 誰もが社会と深く関係し、常に影響を与えうる価値ある存在です。社会や仲間とつながり、より大きなものに包まれていることを知った上で、自分の価値を認める感覚こそが、辛く苦しい「ヘラクレスの選択」を可能にし、「茨の道」を突き進む私たちを支えます。
 自分は誰かのためになり、支えてくれている仲間がいる。
 そうした「自分の価値」や「他者への信頼感」を再認識するのが、転機の春・卒業の春です。

 この春、あなたは何を卒業しますか?

 online.sbcr.jp/2014/03/003714_3.htmlより

私は、プロレス から卒業します(その決意は動かざること山の如し)。
浅見典彦 | 2015-02-21 19:29 |

■ 本郷猛様、コメントをい・・・

本郷猛様、コメントをいただき、ありがとうございます。
忙しいときこそ、落ち着いて行動しなければいけませんね!!
小野正樹 | 2015-02-19 22:32 |

■ 違います。小野マークン・・・

違います。小野マークンのブログが今月いっぱいで終わるので、こちらもラストスパートでコメントに励んでいるのですが、あちこちにコメントしているので、、、、、間違いました。申し訳ございません。
急いては事はし損じる。肝に銘じます。

人生の分かれ道で、安全な方と危ない方があれば、危ない方を選べ。
養老猛司
本郷猛 | 2015-02-19 14:09 |

■ 楽楽楽ホール様、いつも・・・

楽楽楽ホール様、いつもコメントをいただき、ありがとうございます。
再度、同じコメント!!心に刻めということですね!!
承知しました!!
小野正樹 | 2015-02-18 20:29 |

■ 『楽なものは求めてはい・・・

『楽なものは求めてはいない。楽なものは自分を成長させない。楽なものは自分を考えさせてくれない』
マドンナ
楽楽楽ホール | 2015-02-18 08:14 |

■ 楽楽楽ホール様、コメン・・・

楽楽楽ホール様、コメントをいただき、ありがとうございます。
楽天は私の楽しみです。
小野正樹 | 2015-02-17 23:18 |

■ 『楽なものは求めてはい・・・

『楽なものは求めてはいない。楽なものは自分を成長させない。楽なものは自分を考えさせてくれない』
マドンナ
楽楽楽ホール | 2015-02-17 19:59 |

■ パワーオブラブ様、コメ・・・

パワーオブラブ様、コメントをいただき、ありがとうございます。
精神力を鍛えます!!
小野正樹 | 2015-02-16 22:17 |

■ 世界には二つの力 しか・・・

世界には二つの力

しかない。

剣と精神の力である。

そして最後は、

精神が必ず剣に打ち勝つ。

ナポレオン・ボナパルト 
パワーオブラブ | 2015-02-16 17:04 |

■ 野性の王国様、コメント・・・

野性の王国様、コメントをいただき、ありがとうございます。
力が欲しいです。いろいろな力が!!
小野正樹 | 2015-02-13 20:52 |

■ Anna Eleanor Roosevalt・・・

Anna Eleanor Roosevalt アメリカ合衆国第32代大統領であるフランクリンルーズベルトの夫人の言葉。
「You gain strength,courage and confidence by every exprience in which you really stop to look fear in the face.」意味は、「立ち止まって恐怖を真正面から見るような経験をするたびに、力と勇気と自身が付いてくるもの。」です。
野性の王国 | 2015-02-13 07:39 |
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=13471&eid=550

ページトップへ