トップページ  お客様の声  カートをみる マイページ ご利用案内 サイトマップ お問い合せ
RSS
ギフト 牛タン ステーキ すきやきしゃぶしゃぶ 焼肉用カルビ
スペーサー

日本全国47都道府県『全国うしマップ3』【東北】



●青森県●

あおもり開拓牛 大地との対話から生まれた開拓牛は、乳牛(ホルスタイン種)から生まれた雄の子牛を育て「定時、定量、定質」をモットーに、お肉のおいしさを追求が生んだスーパービーフ開拓牛。
あおもり倉石牛 豊かな自然に恵まれた青森県五戸町倉石。そこで生まれた、みちのく青森の銘牛「倉石牛」脂肪の旨さと良質な赤み、そして絶賛に値するほどの霜降肉の味と香りの絶妙なハーモニー。適度な甘みと口の中でとろけるまろやかさを持ちながら、大自然で育った野趣や奥深い味わいも感じられる牛肉。
あおもり十和田牛 良質の粗飼料を豊富に給与し、肥育されているため、安全性を重視したやわらかくておいしい牛肉。
広域「十和田湖和牛」 肉質の高さの要因は「牛の採血に基づいた勉強会と、部員同士の情報交換にあり、採血は、牛の栄養状態を確認するためで年に5〜6回実施。肥育素牛の選定技術の向上並びに個体管理の徹底に努め、その結果A4ランク以上の上位等級率が7割超え、肉質の高さは県・全国でもトップクラス。等級A4以上の枝肉には「あおもり十和田湖和牛」の刻印を押し、優れた肉質をアピール。枝肉の付加価値販売に向け、青森県特産であるリンゴジュースの搾りかすを飼料として全頭に給与する取り組みを行い、市場評価を高めると共に食味の向上並びに食品残渣を再利用するなど環境にも配慮。
津軽愛情牛 肉色が鮮やかで、肉質はやわらかく、味は甘みがあり、風味豊かである。
津軽ひらか黒牛 肉色が鮮やかで、肉質はやわらかく、味は甘みがあり、風味豊かである。
東北国産けんこう牛 東北国産けんこう牛
八甲田牛 「八甲田牛」は、ブナ・ミズナラなどの原生林が広がる標高約500メートルの八甲田牧場で、清涼な水と空気に囲まれ、豊富な牧草を食べ、ストレスフリーで育つ。希少な地方特定品種「日本短角種」の八甲田牛は、肉質が赤肉主体で、自然の旨味がたっぷりで牛肉本来の味わいを実感できるナチュラル・ビーフ。黒毛和種の霜降り肉を「脂肪の旨味」というなら、八甲田牛はまさしく「赤肉の旨さ」といえる。


●岩手県●

いなにわ短角牛 高原の自然の中で育った稲庭牛は平成8年の全日本第5回日本短角種総合共進会で5部門のうち2部門で日本一を受賞。稲庭岳山開きや浄法寺町産業まつりなどで、稲庭牛の試食販売がある。
いわてあしろ短角和牛 日本短角種は暑さ寒さに強く、厳しい自然環境に適応できるよう改良されている。飼育方法は、雪が降る冬は牛舎の中で、春になると広大な放牧地に放牧、秋には里におりてくるという「夏山冬里」方式。放牧期間中には自然交配も行われ、3月ごろには、新しい子供が生まれるというサイクルを繰り返している。黒毛和種と比べると脂肪分が少なくタンパク質が多いのが特徴で、おいしさのもとであるイノシン酸・グルタミン酸などもたくさん含まれている。赤身が多く、やわらかで風味が良い。
いわていさわ牛 国定公園のおいしい空気と水、広大な牧草の草、そして愛情込めた飼育管理から生まれ、風味豊かで鮮やかな霜降り牛肉、それが大自然の味「いさわ牛」。
いわていわいずみ短角和牛 新鮮な空気と大地に育まれ、低脂肪でうまみのもととなるアミノ酸をたっぷり含む赤身のヘルシーな牛肉。また、国産粗飼料を主体とした生産体系とし、安全でヘルシーな牛肉の生産に努めている。
いわて江刺牛 陸中牛主産地の特性を活かし、優良素牛に清らかな水、乾草と稲ワラを豊富に与え、「自然がスパイス」をキャッチフレーズに、健康な牛作りを目標に、肉質と脂質の良きを特徴として売り出している牛肉が「江刺牛」である。
いわて金ヶ崎牛 子牛から肥育まで一貫した生産体制。澄んだ空気とおいしい水、肥沃な大地など豊かな大自然と、一頭一頭を丹念に愛情を持って育てている。そのおいしさは芸術品とも言われている。
いわて軽米牛 放牧を中心に飼育されている産肉能力の優れた繁殖雌牛に、さらに但馬系種雄牛を計画交配した地元産の未経産雌牛が主体。地元の繁殖農家・肥育農家が地域内一貫生産により丹精をこめて作り上げた風味豊かな牛肉。
いわてきたかみ牛 恵まれた自然環境に育ち、畜産農家の情熱と高い肥育技術により上質の牛肉として人気。 肉色も淡く、脂質に優れ、甘味のある牛肉。
いわて牛キロサ牧場直産牛 肥育期間、給与飼料等の工夫で「おいしい牛肉生産」を追及。おいしさの指標である脂肪融点 、脂肪酸、オレイン酸等の分析をして確認。 堆肥製造を行い、地元野菜農家と耕畜連携を行っている。
いわて衣川牛 いわて衣川牛
岩手しわ牛 緑豊かな自然、清らかな水、澄んだ大気の飼育環境を最大限生かし、きめ細かで人情あふれる素朴な心が、丹精こめて育て上げた高級和牛。
いわて東和牛 大自然のなかで丹精込め育てた牛を、消費者にとどけます。 安心・安全で、おいしい牛肉。
いわて遠野牛 遠野市は、柳田国男の「遠野物語」で紹介され民話のふるさととして有名に。広大な高原放牧地と清流で育まれた子牛を全国各地へ供給しており、全国的に高い評価を得ている。舌ざわりがよく、とろけるようなまろやかさが口一杯に広がる脂肪の甘さが特徴。
いわて西和賀牛 岩手県一貫・地域一貫を目指し、岩手県産の黒毛和種(雄・去勢)素牛を、良質な飼料を与え肥育されて上質牛。
いわて前沢牛 ともと黒毛和種は島根や但馬で飼育され、その肉質・サシの入りが理想的といわれ、現在の有名ブランド牛は例外なくこの但馬の血を引いています。前沢牛も但馬の系統です。鮮やかな霜降り肉、とろけるような舌ざわりと風味。前沢牛はこの三拍子が揃っている肉。
いわて水沢 北上川流域の肥沃な大地で生産される良質な稲わらと乾草を給餌し、一頭ずつ手塩にかけて育てられている。程良く入った霜降りはまさに肉の芸術品。
岩手南牛 一関市は西に秀峰栗駒山、東西に走る清流磐井川などに囲まれていて、岩手南牛はその風光明媚な風土の中で育った高級和牛。全国的にも高い評価を受けている。毎年10月に開かれる農業祭の中に岩手南牛まつりが開かれている。


●宮城県●

石越牛 肉のキメが細かく、鮮紅色で適度に脂肪があり、舌ざわりが良く風味豊な高級牛肉です。
蔵王牛 蔵王牛は、独自の生産プログラムに則り、愛情を全てにおいての基本と考えて育てた牛肉。また山形、宮城、福島の3県にまたがる蔵王山系に位置する直営牧場(高橋畜産食肉『株』)、蔵王高原牧場、生産委託先農家にて愛情込めて育てられた和牛間交雑種、交雑種(黒毛和牛と乳用種間の子)又は、肉専用種。(ハイブリッド種)
新生漢方牛 飼料に漢方のクコ、サンザシ、ナツメ、鹿角令霊芝、ハトムギ、エゴマ、エゴマの実、桑の葉、クマザサ、ソバ、昆布、パブ茶、ステビア、米ヌカの14種類を自家配合して漢方飼料として、それを給与した肥育牛。
仙台牛 清潔な環境の中で豊富な宮城のひとめぼれ・ササニシキ等のワラと良質な乾草で安全に育てられています口当たりが良く、やわらか、まろやか、ジューシーな食味で脂肪と肉本来の美味しさのバランスが絶妙です。宮城県特別表示認証食品に認証されている高級銘柄牛肉で、肉質等級が最高の「5」に格付けされないと呼称が許されない、全国でも数少ない超高級ブランド牛肉。年間3000頭が出荷されます。当店では数ある全国の銘柄牛の中で、仙台牛を自信を持ってお届けいたします。
仙台黒毛和牛 仙台牛となれなかった、格付がA-4、B-4、A-3、B-3およびC-5の肉は、「仙台黒毛和牛」として出荷される。仙台黒毛和牛の生産量は、約 10000頭/年。仙台黒毛和牛は、2002年(平成14年)まで「宮城野和牛」として生産されていたが、宮城県外では「宮城野」より「仙台」の方が訴求力が強いこと、仙台牛との相乗効果が期待されることなどから名称を変更した。これにより、仙台牛と仙台黒毛和牛は首都圏での認知度が上がり、流通量が増加した[
中田牛 自然に恵まれた大地の中で、丹精込めて育てられた中田牛。磨きぬかれた飼育技術や農家の情熱と愛情で、じっくりと時間をかけて肥育されている。
はさま牛 宮城県登米市迫町の和牛の飼育環境に適した、豊かな大自然の中で育て上げた黒毛和種に、健康に良いと言われている木炭(粉炭)ま給与で「やわらかく、コクがあり、風味が良い、健康な牛作り」を合言葉に肥育した、日本食肉格付け規格A・B-5・4等級がはさま牛です。
桃生牛 桃生牛は、生産農家が精魂込めて肥育した肉用牛で、日本食肉格付協会基準のA5、A 4,B5、B4ランクに格付けされた「最高級の和牛」です。
若柳牛 『若柳牛』とは、ササニシキやひとめぼれの産地として名を馳せる米どころ宮城県栗原市の四季豊かな自然の中で、一頭、一頭生産者が愛情と丹精を込めた長期間にわたる理想肥育に最大の特徴があり、『若柳牛』の販売先である東京食肉市場をはじめ販売指定店、また多くの消費者の皆様方から大変肉質が良いと好評を得ております。枝肉全体にゆきとどいた脂肪交雑(霜降り)は和牛本来の風味ゆたかで、日持ちが良く最高級の牛肉として折り紙つきです。これらの磨きぬかれた飼育技術は、良質な素牛に豊富な稲わらや乾草そして配合飼料をバランス良く与え、安全安心にこだわった飼育管理により、畜産農家の情熱でじっくり時間をかけい育て上げています。


●秋田県●

秋田牛 大自然の山懐にだかれた自然環境の中、高品質な肉牛造りを追求する生産農家が清潔な牛舎でとびきりの愛情を注ぎ、のんびり、ゆっくり、ストレスをかけずに丹念に育てあげられた「秋田牛」はまさに絶品です。
秋田錦牛 北国の風土の中で素朴な農家の人々一頭一頭丹誠込めて育て上げた、肉色が淡く、きめが細かいのが特徴で、秋田県の代表銘柄です。
大潟牛 恵まれた資料環境と良質飼料の給与により生産されて良質な牛肉。
かづの牛 広大な山野に放たれ無農薬粗飼料と自然交配で生まれたミネラル豊富な赤身肉と、内臓まで刺身で食べられるほど健康と安全が売り物のさわやかビーフです。
三梨牛 肉質がやわらかく、甘みがあり風味豊かな高級牛肉です。


●山形県●

尾花沢牛 尾花沢牛の特徴は、生後10ヶ月齢の黒毛和種の子牛を、約22ヶ月肥育する理想肥育です。和牛の特質を活かしながら、愛情細やかに育てます。吟味した飼料、妥協をゆるさない牛飼いの気質は、先人から受け継がれている。奥羽山系から湧き出る豊潤な水。1年の3分の1を雪でおおわれる気候風土。『尾花沢牛』は、厳しい冬を2回越すことによって、芸術品ともいうべき霜降りを誕生させる。「雪が尾花沢牛をつくる」と言う人もいます。肉が軟らかく、色つやが良く和牛独特の甘い風味をかもしだします。特に脂が白く粘りがあり、口に入れると溶けるまろやかさがあります。今、質量ともに県内外に押しも押されぬ銘柄として確立しつつあります。
蔵王牛 生産牧場が自社に限定されており、飼育プログラム、牛舎の飼育環境、病気の予防プログラムなどを一元管理しているため、より安定した供給が実現できる。自社で直接販売も手掛けているため、品質に対するフィードバックが速く、品質の向上が図られ易い。
庄内牛 登録農家に限定した生産。飼料への抗生物質・抗菌剤の無添加。成長促進作用のある飼料添加剤(モネンシン)の無添加。庄内食肉流通センターでのと畜・解体・部分肉加工によるコールドチェインの実現
庄内産直牛 庄内産直牛
羽黒牛 月山高原牧場で、一頭一頭丹精込めて育てられた羽黒牛は、肉質が柔らかく、きめ細かな舌ざわりと口の中いっぱいに広がる甘い香りが特徴。
山形牛 「山形牛」の産地山形県の自然は、四季がはっきりしており、「夏暑く、冬寒く」また、「昼夜の寒暖の差が大きく」、その風土の中で丹精込め長期にわたり肥育された黒毛和種は、食味が美味しい牛肉といわれ、その美味しさの秘密は脂質にあるといわれている。
米沢牛 近年改良が進んだ増体型の牛とは一線をかくし、キメ、シマリに優れている事はもちろんであり、融点の低い脂に米沢牛独特のおいしさが凝縮されており、そのおいしさが赤肉部分にもしみており、甘みもあるのが特徴。


●福島県●

白河牛 専用飼料体系による再一化
福島牛 ふくしまには、美しい自然があります。福島牛という名の美味しい自然があります。風味豊かで、まろやかな味わい、色鮮やかで良質の霜降りをもつ福島牛は、まさに牛肉の傑作。つくる人の愛と情熱があふれるほどに注がれ、伸びやかに育った福島牛は食する人たちにいつも、至福のひとときをもたらしてくれます。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=13471&eid=136

ページトップへ