トップページ  お客様の声  カートをみる マイページ ご利用案内 サイトマップ お問い合せ
RSS
ギフト 牛タン ステーキ すきやきしゃぶしゃぶ 焼肉用カルビ
スペーサー

日本全国47都道府県『全国うしマップ7』【東海】



●静岡県●

あしたか牛 JAなんすんあしたか牛推進協議会生産者によって肥育されている、黒毛和種、交雑種の統一名称で、黒毛和種は4等級以上の厳選された牛肉である。飼料はト ウモロコシや大麦、大豆かす等、独自の配合割合で統一されたものを給与している。肉質は風味豊かで柔らかく、コクと甘みのある脂質が特徴である。清潔な環 境の中、牛にストレスを与えない飼育に努めている。
遠州夢咲牛 夢咲管内で生産されている牛肉を多くの人に知ってもらう事を目的に、肉牛委員会が立ち上げたブランド。会員らが肥育した一定の品質基準以上の肉を遠州夢咲 牛として販売している。快適な環境で、良質なエサを与え、愛情を込めて育ていて、肉質の追求はもちろん、安心して食べる事が出来る牛肉に仕上げられてい る。
食通の静岡牛 品種、又は交雑種交配様式 黒毛和種×乳用種 /出荷月齢:24〜26ヶ月齢
特選和牛静岡そだち クイーンビーフというオリジナルブレンド飼料を与え、牛の成長に合わせて無理なくじっくり育てている。和牛の特色である風味とやわらかさをを味わう事が出来る。
静岡和牛 柔らかくきめ細かな肉質と上品な旨みのある和牛肉その生産を目指し、静岡県内の指定農場において黒毛和種雌牛にこだわり、その特徴を引き出すオリジナル飼料と統一した飼養管理のもと、じっくり愛情をこめて「特選和牛静岡そだち」は育てられました。自信をもってお勧めできるこの美味しさを、是非ともご堪能ください。
ひらい牧場伊豆牛 生産から販売まで一貫経営であり、抗生物質飼料を使用せず、安全・安心おいしいお肉をモットーに「ひろい牧場 伊豆牛」を皆様に提供している。 伊豆牛丸々一頭の各部をすべて店頭販売している。素材にこだわり素材を活かした昔の上がらの製法でひらいのオリジナル加工品も好評です。
富士朝霧高原朝霧牛 富士山の天然水と朝霧高原の恵まれた自然によりストレス無くじっくりと飼育された、生産者限定の牛肉である。脂肪が甘く、牛肉本来のうま味がある。
三ケ日牛 昭和42年、県から「肉用牛振興地域」の指定を受けたのを契機に乳用種を素牛とし、肥育牛として出荷する農家が増える。昭和49年に「三ヶ日町農協常設家 畜市場」が開設されたのに伴い、高品質牛の生産を目指して努力が続けられる。現在では北海道の指定牧場から厳選されたホルスタインの去勢牛を導入、非遺伝 子組み替え飼料を与えて牛を肥育している。三ヶ日町は浜名湖に面し、赤石山脈から分岐した連山に囲まれた、自然豊かで温暖な地を利用した「三ヶ日みかん」 の産地としても有名。


●岐阜県●

飛騨牛 岐阜県内で14ヶ月以上肥育した黒毛和種で日本食肉格付協会が実施する枝肉格付で歩留等級A,B等級および肉質等級5,4,3等級のもの。


●愛知県●

あいち知多牛 青い空、青い海、緑の丘陵地、知多半島で育まれた健康な牛である。
あいちとよた牛 経済連の全量使用、生産記録の貴重管理の徹底により安全・安心な牛肉を供給。
みかわ牛 別に認定する「みかわ牛生産農場」で、「肉牛生産マニュアル」に基づき、1年以上肥育(愛知県産と認められるもの)され、認定農場より出荷されたもの。 「みかわ牛」の中で、等級がA5・B5及びA4の一部(BMS7以上で、肉の色沢・締り・きめ、脂肪の色沢全て5等級)は、「みかわ牛ゴールド」と称 し、愛知県産黒毛和牛の最強級ブランドと位置づける。


●三重県●

伊賀牛 肉牛生産量の80%を地元伊賀市、名張市の精肉店及び家畜商へ生体取引で販売し地元食肉センターでと畜を行い地元消費者へ供給。農家庭先で生体取引の販売であり生産者、取引業者(精肉店及び家畜商)JA,JA全農、等4者で話し合いの上で取引を実施。この取引の話し合いの中でより安全で 安心、美味しい牛肉が消費者に提供できるか、また、生産することが出来るか常に検討が行われている。取引場所は生産者側と販売者側との情報交換の場である。
北伊勢和牛 飼料は、専用の指定配合飼料。粗飼料の稲わらは地元の圃場から収集したものを使用。鈴鹿山脈の北端に位置していて、たいへん自然条件にも恵まれている。こ の山々から湧き出る水が伏流水となっており、牛はこのおいしい水をのんでいる。おいしさの目安でもあるサシを重視しながら低コスト牛肉を作り上げている。
鈴鹿山麗和牛 産直方式。家畜個体識別番号表示。
松阪牛 松阪牛は、消費者の方々に安全、安心な松阪牛を提供することを目的に、生産から流通までの情報を管理する「松阪牛個体識別管理システム」を平成14年8月 から運用しています。このシステムは肥育における情報を管理するとともに販売においては「松阪牛シール」「松阪牛証明書」を発行しています。これらに記載 された個体識別番号をインターネットなどで検索するとシステムで管理されている36項目の情報をご覧いただくことが出来ます。そして出荷時にはDNA検査 に対応できるよう検体を採取保管しています。また、兵庫県から子牛を導入し、伝統の肥育技術によって900日以上の長期肥育「特産松阪牛」はキメの細かい サシと不飽和脂肪酸の割合が高く脂肪融点が低く、肉の芸術品として賞賛されています。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=13471&eid=140

ページトップへ