トップページ  お客様の声  カートをみる マイページ ご利用案内 サイトマップ お問い合せ
RSS
ギフト 牛タン ステーキ すきやきしゃぶしゃぶ 焼肉用カルビ
スペーサー

お中元の基本−仙台牛・仙台黒毛和牛 こだわりのギフト

おすすめの仙台牛ギフト、和牛お歳暮・お中元
おすすめの仙台牛ギフト、和牛お歳暮・お中元

おすすめの仙台牛ギフト、和牛お歳暮・お中元

お中元を贈る際に、いくつかの気を付けておきたいマナーがあります。

まず、お中元の商品選びについては、先様の好みや家族構成にも配慮して商品を選ぶようにしましょう。
お酒を好まない方に、ビールなどの酒類を贈ることは失礼です。
また、目上の方にギフト券や商品券などを贈ることも失礼にあたります。
先様に不快な思いをさせてしまっては、せっかくのお中元も台無しです。

お中元の時期に先様が入院されている場合には、回復される時期にお届けすると良いでしょう。
またはお見舞いとして持参するのが良いでしょう。

先様が喪中の場合ですが、お中元やお歳暮は「お祝い」ではありませんので、贈っても問題ありません
それでも、四十九日が過ぎるまでは控えるほうが良いでしょう。また、「のし」は使わないようにしましょう。

お中元を贈る時期にも気を付けましょう。お中元は6月初旬〜7月15日までが一般的ですが、関西地方では約1ヶ月遅れといわれています。
最近では7月中を目安に贈る方が全国的にも増えているようです。
7月15日(関西では8月15日)を過ぎてしまった場合には、お中元ではなく「残暑お見舞い」として贈りましょう。

お中元にお返しをする必要はありませんが、お返しをする場合には、贈られた商品の半額程度の商品を選ぶようにしましょう。
お返しに商品を贈ることはせず、感謝の気持ちを伝えるために、お礼状をしたためるというのも良いでしょう。  


おすすめの仙台牛ギフト、和牛お歳暮・お中元

お中元の起源はとても古く、古代の中国にまでさかのぼります。
古代中国の道教には三官信仰があり神様を「三元」の日に祭ったそうです。
この三元とは陰暦の一月が上元、七月が中元、十月が下元でありそれぞれの十五日に三官が生まれたと言われております。

お中元のもとにもなった三官とは次のような神様のことです。

・天官は、上元(一月十五日)生まれの福をもたらす神様
・地官は、中元(七月十五日)生まれの善悪を見分けて人間の罪を許す神様
・水官は、下元(十月十五日)生まれの水害など災害を防ぐ神様

お中元のもとになったのは、この三官のなかでも慈悲神様(地官)。
七月十五日に行われていた誕生を祝うお祭りが、同じ日に行われていた仏教のお盆の行事と結びついたことから、お中元が始まりました。
これが日本に伝わり親類や隣近所に仏様に供えるお供物を送る習慣となったようです。

この「お中元」を、地方によっては「盆供」や「盆礼」と呼んでいるところもあるそうです。
お中元は江戸時代になってから、先祖へのお供えと共に商い先やお世話になった人に贈り物をする一般の贈答行事へとなりました。


おすすめの仙台牛ギフト、和牛お歳暮・お中元

Q1. 一般的にお中元を贈られる方はどの位の予算のものを贈られていますか?

A1. 昨年の弊社のお中元のご注文をいただいたお客様の平均商品単価は、約6,500円位でございました。 ご予算に応じて、お決めいただくのもご一考かと思います。


Q2. お中元の期間を教えてください 。贈るタイミングとしていつがベストでしょうか?

A2. 関東地方と関西地方で期間が異なります。関東地方は、古来では7月初旬〜7月15日まで(最近では6月下旬から)、関西地方では7月15日〜8月15日まで(最近では7月初旬から)がお中元の期間です。 お中元の時期を過ぎてしまった場合は、関東地方では立秋まで「暑中御伺」「暑中御見舞」とし、立秋以降は「残暑見舞」とします。関西地方では8月16日以降に「残暑見舞」を贈ります。


Q3. 相手や自分が喪中のときはどうすればいい?

A3. お中元は、お祝いではなくお世話になった方へのご挨拶です。どちらかが喪中でもマナー上は問題ありませんが、お中元の時期が当方や先方の四十九日前のときは、四十九日が終わったあとに贈るとよいでしょう。


▼よく選ばれるお中元商品


仙台牛お肉のギフト券杜の都仙台名物肉厚牛タン
仙台牛サーロイン仙台牛すき焼き・しゃぶしゃぶ
仙台ローストビーフ仙台牛味付カルビ

ページトップへ